ロンドン->ヨーク

f:id:Kamatetsu:20180115182428j:plain ホテルを朝早く出てHammer smithから再びチューブに乗る。ロンドンの地下鉄は基本ドアは自動で開く。ただし、長時間停車や折り返しなどではしばらくして自動で閉まるのでドアボタンを押さないといけない。早朝の始発駅とあって全て半自動で閉まっていた。発車前に一旦全てのドアが開くのは日本と一緒だが、開いているドアが時間で自動で閉まるのは良いと思う。

f:id:Kamatetsu:20180115182920j:plain さてKing's Cross駅に早くに到着。この駅は2007年から約5年掛けて改装工事が行われ、現在の姿となっている。何か違う感があるのは気のせいだろうか。とは言え、日本のように改装=古いモノをぶっ壊す、と言うことをせず古き良きものを生かすという考えは見習わなければならないと思う。

 なお、鉄道総研の文献に簡単な解説があるのでリンクを張っておく。

(http://bunken.rtri.or.jp/PDF/cdroms1/0035/2012/0035000477.pdf)

f:id:Kamatetsu:20180115183921j:plain 番線が出てなかったのでブラブラしながら9・3/4番線のモニュメントへ。さすがに早朝とあって誰もいなかった。何気なく一枚。夕方帰ってきたら長蛇の列だった。さすが世界的人気映画。なお、これも駅改装に伴い移動しました。

f:id:Kamatetsu:20180115184031j:plain番線の案内が出、早速ホームより乗り込む。車内はリニューアルされ快適なのだが、ちょうど進行方向側斜めの車窓が柱で遮られ...。座席は指定していたので、座席上に予約票が挟まっていた。

f:id:Kamatetsu:20180115184102j:plain ロンドンを発車し、郊外を高速で走る。乗車率はかなり低く、だから割引率が高かったのであろう。途中幾つか止まるが、短距離利用者が多い印象。ロンドン側より北側の方が乗車率が高かった印象。途中でclass800が見れたが、一瞬。下車もできないので目に焼き付けるに精一杯。ヨークへは定刻に到着。

(続)